0

力の方向

朝早歩きで駅に向かっている時に
石畳の道で 飛び出ている石にっつかかり転びそうになった
正しくは 右脚の上がりが悪くてひっかかった

急いでいたので、私にしては力強く地面を蹴って歩いていたから、 その「前に進もうとしている力」の行く先が阻まれて 困った

その数秒の間に「あ!」とつまずいた事に気がつくのに ワンテンポ遅れ

「このまま転んだら…」の想像中に
自分のその時の右脚を前に出そうとしたのに出ないカッコウと そのまま転んで擦りむいて血まみれ⁈ の自分の様子の図がさっと思い浮かんだ
他に歩行者もいる道で、私だけとてもスローモーションな感じ⭐️

この時間って、時計と同じ時間を刻んでいるから 実際は1-2秒で
私だけ5-6秒に感じているだけなのかしら…

「転んだら痛いし、恥ずかしいし、時間がないし」 
100M短距離走のスタートのような?自分の姿が思い浮かびつつ 「転ばない!!」と強く思ったら
上げようとした右脚の股関節で一瞬タメを作って、なんとか右脚が前に出てきた

自分だけメチャメチャ恥ずかしくて、カッと身体が熱くなったのでした

いやー、それにしても転ばなくてよかった
もうちょっとワーマデーバアサナの練習しとこ! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>